シンガポール「マル秘」裏ワザ旅行体験談

シンガポール旅行へ行くあなたに日本人の9割が知らない体験談を暴露します!

『服装』に関するリアル体験談

シンガポール旅行!ホテルや屋内の服装や注意するべきこととは?!

『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

投稿日:2018年1月19日 更新日:


シンガポールって暑いよね?じゃあ、服装はタンクトップに短パンで決まりだね!というような服装選びでは後悔するので辞めてくださいね。

今回は実際にシンガポールに行った僕が服装の基本、ホテルや室内での注意点などをあなたにお伝えしていきます。外は暑いですが屋内は寒いので気を付けてくださいね↓

スポンサーリンク

シンガポールでの服装の基本は?

シンガポールといえばもちろん…常夏の国ですよね!なのでシンガポールには雨季と乾季があり、雨季の10月~3月は雨や曇りが多いですね。しかしスコール(乾季でも降る)と言って滝のような雨が短時間に降る感じなので日本のように一日中降るようなことは滅多にありません。

そこでシンガポール旅行をする時の服装はスコールが降ることを想定して長袖のジャケットなど羽織物を用意しましょう。そしてカッパや折りたたみ傘を一緒に持ち歩くことをおすすめします。

また、シンガポールは日差しが強いため帽子などの準備も!雨具の折りたたみ傘を日傘として使うと便利ですよ!

シンガポールのホテルや室内での服装は?

シンガポールの室内は以前ほどではありませんがエアコンが強めに設定されていることが多いので服装は、冷房対策としてジャケットやカーディガン、ストールやショールなどを用意してくださいね!冷え症の方は足元にも気を付けてください。

スポンサーリンク

高級ホテルなどのアフタヌーンティーや食事をするときは男性は短パン、サンダルなどの恰好ではホテルマンに立ち入りを断られる可能性もあるので服装には気を付けてください。

また、シンガポールは宗教施設も多いのですが、モスクや寺院を見学するときには肌の露出が著しい服装はNGです。

シンガポールでの服装で注意してほしいこと↓

さて、最後にシンガポールでの服装で注意してほしいことについてお伝えします。シンガポールと聞くと、経済発展も著しくて治安も日本より良いと言われているので蚊などの虫はあまり気にしなくていいと考えて服装を選びがちですが、シンガポールでも郊外には蚊や虫が生息していてデング熱になる可能性もゼロとは言えません。

シンガポールに向かう前に服装の準備をすると思うのですが、その時に虫刺され対策を意識した服装を考えたり虫よけスプレーを用意しておきましょう。

友人から聞いたのですがシンガポールのビーチにはサンドフライという小さな蚊のような虫が大量に出る時があるのでビーチなどで日光浴をする際は虫よけスプレーをしてから行ってください!

最後に

今回はシンガポール旅行を考えているあなたに服装についてお伝えしました。実際にシンガポールは晴れているとかなり暑いです。僕は特に汗っかきなので汗だくでしたがホテルや店内は冷房が効いているので風邪を引かないように羽織物があるといいです。そして雨が降ったときのために雨具も用意してくださいね!

スポンサーリンク
『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

-『服装』に関するリアル体験談
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポール観光で寺院にTシャツ&ショーパンで入ろうとして悲惨な体験をした実話。

今回のシンガポール旅行時の観光で起きたトラブルはリトル・インディアにあるヒンドゥー寺院を見学しようとしたときに勃発した友人のリアル体験談です。。。 スポンサーリンク シンガポールはマレー系、中華系、イ …

サイトマップ