シンガポール「マル秘」裏ワザ旅行体験談

シンガポール旅行へ行くあなたに日本人の9割が知らない体験談を暴露します!

♡最大52%OFF!ツアー割引チケット情報♡ 【知得】シンガポール旅行に役立つ情報!

【必読】シンガポールでカジノ!初めて行く方に警告します!

『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

投稿日:2016年11月25日 更新日:


日本では法律で禁止されているカジノですが、ギャンブル好きの方なら一度は足を踏み入れてみたいのがシンガポールカジノです!でも初めてだと服装やマナーなどがわからないですよね。そこで、今回紹介する2つのシンガポールカジノではどのようなゲーム、規制があるのかをここですっきりさせます。知らずに行くと入れなかったりカモられたりしてしまいますから。

また、カジノ内ではギャンブルばかりが行われていると思いがちですが、実は違うんです。カジノへ入場した人だけが利用できる特権があるんです!その答は、、、ここからは記事の中でお答えしましょう!!何事も無知では危険なので注意事項などを頭に叩き込んでシンガポールカジノへ出発しましょう!!

れに合わせてシンガポールのツアーチケットが最大52%OFF・印刷不要・当日購入ができる楽天グループのVoyaginも紹介!チケット買うならお得にGO↓(新しいタブで開きます)

スポンサーリンク

2店舗の紹介

【マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ】
最初にマリーナ・ベイ・サンズ・カジノです。マリーナ・ベイ・サンズは屋上の宿泊者専用のプールが有名です。また、ショッピングモールやグルメ施設も充実していてカジノ以外でも楽しめます。マリーナ・ベイ・サンズ・カジノはメディアにも取り上げられるので名前を知っている人はいると思います。なので外国人観光客だけでなく地元の人もよく利用しています。

(アクセス)MRTベイフロント駅から徒歩約3分
(住所)10 Bayfront Ave.
(営業時間)24時間
(休日)無休

【リゾート・ワールド・カジノ】
次にリゾート・ワールド・カジノの紹介です。場所はセントーサ島にあります。セントーサ島は子供向けのファミリーリゾートがあったりアクティビティが楽しめたりと自然豊かなオアシスです。昼は海で遊んで夜はリゾート・ワールド・カジノで遊ぶなんて計画は最高の現実逃避ですね!

かなり広い敷地でゲームテーブルは500台あり、ブラックジャックやポーカーなどの19種類のテーブルゲームがあるカジノです。1300台ものゲームマシーン(スロットなど)の他にプライベートルームやVIPルームまでもが完備されている充実ぶりです。

(アクセス)

・リゾート・ワールド・カジノまではハーバーフロント駅で乗り換えが必要。
・オーチャード方面はマリーナベイ行きに乗り、ドビーゴート駅でハーバーフロント駅行きに乗り換え終点まで約15分
・シティーホール方面はジュークーン駅行きに乗り、アウトラムパーク駅でハーバーフロント駅行きに乗り換えて終点まで約15分
(住所)8 Sentosa Gateway,
(営業時間)24時間
(休日)無休

カジノの入店規制・服装

【マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ】
年齢制限は21歳以上です。シンガポールでは21歳からが成人なので日本の成人年齢20歳と間違えないようにしましょう。入場料は旅行、観光者は無料でシンガポール人は入場料が発生します。入場するときはパスポートを2回ほど見せる必要がありコピーしたものでは不可になります。カジノから出る時にもパスポートが必要になるので無くさないようにしましょう。

服装はそこまで厳しくはないですが、男性は、タンクトップ、ノースリーブ、袖無しシャツ、短パン、サンダル、帽子、サングラスが禁止でジーンズにTシャツ、スニーカーなら入場できます。しっかりとしたジャケットを着ていく必要はありません。

女性は、カジュアルなショートパンツ、ビーチサンダルが禁止です。女性はおしゃれなドレスやワンピースにミュールであれば問題なく入れますがサンダルでは引き止められます。また、カジノ内は冷房が強く、ドレスやワンピースでは寒いと思いますので羽織れるものを用意していくといいです。

【リゾート・ワールド・カジノ】
こちらのカジノも年齢制限は21歳以上が入店可能で、子連れでも入店拒否されるので託児所に預けたりする必要があります。マリーナ同様にパスポートチェックがあり、コピーや誤魔化しは通用しませんので忘れずにご持参ください。

服装は男性の場合、タンクトップ、サンダル、帽子、サングラスが禁止でジーンズなどの素足が露出しない服装であればマリーナ同様にTシャツにスニーカーでも良いです。短パンでも大丈夫だという方がいますが念のために、ジーンズなどで行きましょう。

女性は、ミニスカート、サンダルでも入店できます。しかし、服装に規制はありませんがカジノ場へいくので少しはおしゃれな服装で行くといいでしょう!

カジノへ入店しての特権

みなさんカジノはお金を賭けてゲームをする場所だけだと考えていませんか?実はシンガポールカジノでは入店するとギャンブルだけでなくドリンクサービスや食事が楽しめる特権があるので紹介します。カジノ=ギャンブルだけという間違った解釈をしていた人は多いのでは!?

無料ドリンクサービス
カジノではコーラ、お茶、コーヒーなどのソフトドリンクやミネラルウォーターが無料でもらうことができます。他国のカジノではスタッフが配ったりしてますが、マリーナ・ベイ・サンズ・カジノでは基本セルフで取りに行きます。ミネラルウォーターはペットボトルなので数本くらいをホテルに持ち帰ったりして冷蔵庫にストックしておくとかなりお得です。(ホテルの飲料水は有料なので)

レストラン
シンガポールのカジノ内ではレストランもあり食事を楽しむこともできます。しかもカジノ内のレストランはかなり安くてワンコインあれば満足できる量を食べられます。主なレストランとしては、中華、アジア料理メインで$10以下でチキンライスが食べられるFatt Choi Expressや、中華、東南アジア料理などがメインのThe Nestや、麺料理がメインで24時間営業のThe Tong Dim Noodle Barなどが有名です。

The Tong Dim Noodle Barの特徴はなんといっても24時間営業なところです。せっかくシンガポールへきたんですから深夜までカジノを楽しみたい人はいるはず。そんな方にはぴったりのバーですし、チャーハン、チキンライスもあるのでカジノ内でお得に食事を済ませることもできますね。

※シンガポール旅行でツアーチケットを購入予定なら楽天グループの「Voyagin」がおすすめ!最大52%OFF・印刷不要・当日購入OK↓↓↓

スポンサーリンク

シンガポールカジノのゲーム種類

カジノのゲームでは大きく分けると2つの種類があります。1つはテーブルゲーム(ルーレット、バカラ、シックボーなど)、2つはスロットマシンです。それぞれの遊び方を説明するのでカジノへ行く前にチェックしておくとスムーズです。

ルーレット
ルーレットは単純なので初心者に向いているゲームです。ディーラー(ゲームの進行役)が回転盤にボールを投げ、そのボールがどの番号、色に止まるかを予想するシンプルなゲームです。ルーレット初心者の方は倍率が2倍のものをまずはやってみるといいかもしれませんね!

バカラ
バカラもルールは単純でプレイヤーが勝つか、バンカーが勝つかのどちらかを予想して全てのカードの合計数が9に近いほうが勝利となります(合計が10を超えたら1の位を見る)。カードの配り方はディーラーがやってくれるので覚えたりす必要はないです。

シックスボー
シックスボーは昔から中国で行われているゲームです。3つのサイコロを使ってサイコロの出目を予想し合うゲームです。複雑そうに思われがちですが、テーブルについて賭けたい場所にBETしてディーラーがサイコロを振ってBETしたものと一致したら配当が配られるというッシンプルなルールです。

ブラックジャック
ブラックジャックは欧米などで有名なので名前を知っている人は多いのではないでしょうか!ルールとしては、ディーラー(ゲームの進行役)とプレイヤーの1対1の勝負でカードの合計が21に近い方が勝ちとなります(しかし21を超えたら負け)。カードの数え方が独特でエースは1としても11としても扱えて、絵札のカードは全て10と扱うことになり、2~10までは通常通りの数え方です。

スロット
スロットは日本にもあるのでやったことがある人が多いと思います。シンガポールカジノでは最低掛け金がそれぞれの台によって設定されていて(10セントから)、やりたいスロットが決まれば紙幣を入れてラインを設定します。そしてスロットを回転させて勝った場合はPay Outで換金し精算レシートを受け取って現金に換金してもらいます(レシートをまとめて精算もできる)。

シンガポールカジノで注意すべきこと

写真、ビデオ撮影禁止
シンガポールカジノにせっかく来たんだから写真撮りたい気持ちはすごくわかりますが、あちこちでパシャパシャ撮っていたら係員に退場させらるので気を付けてください。

両替はカジノへ行く前に済ませておくこと
カジノ内で両替はできますがあまりのもレートが悪いため両替は事前に済ませておくようにした方がカジノをたくさん遊べるコツです。

荷物はフロントへ
大きな荷物を持ち歩いたりテーブルに置いたりしていると、係員から注意を受けます。また、飲食物も持ち込み禁止なので一緒にクロークに預けておきましょう。小さなポーチや肩掛けカバンは持ち込めますができるだけ少なくしましょう。

ディーラーには触れない
これは当たり前のことかもしれませんがディーラー(ゲーム進行役)に触れてはいけません。接触したりしていると、あなたとディーラーで何か不正行為をしているとみなされて出禁や下手すれば罰金もあり得るので絶対に触れたりしないでください。

予算を最初から決めておく
よっしゃ!勝つまで帰るわけにはいかない!と掛け金を増やしたりするのはやめましょう。カジノへ行く前にしっかりと金額をきめてそれ以上のお金をもっていかないことですね。楽しむのであれば最低$100くらいを目安にしてください。長く楽しみたいのであればスロットがおすすめですね!

抑えるべきポイント

・シンガポールカジノにはマリーナ・ベイ・サンズ・カジノ、リゾート・ワールド・カジノの2店舗がる

・カジノは21歳からでパスポートの提示が必要(入場は無料)

・服装は、ジーンズ、Tシャツ、スニーカーであれば入場できる

・カジノ内ではゲームだけでなく、無料ドリンクやレストランが充実している

・カジノには大きく分けてテーブルゲームとスロットマシンの2種類

・カジノでは注意すべきことをしっかり守るようにしましょう

【最後に】

シンガポールのカジノはキャンブル好きにとって一度は体験してみたい憧れの場所ですね。ぼくはカジノ未経験なのでまずは使う金額をしっかり決めてから楽しく遊びたいと思いました。あなたも、白熱して金額をどんどん上げていかないようにした方がいいですね!くれぐれもベテランの方にカモられないように気を付けましょう。

また、シンガポールのカジノ内にはゲームだけでなく無料ドリンクがあったりコスパ抜群なレストランが完備されているのは知らなかったです。なのでカジノで負けたとしてもお得に食事ができるので救われます!カジノへの入場は無料なのでカジノ内のレストランへ料理を食べに来るのも利口かもしれませんね(笑)

そして、シンガポール旅行でツアーチケットを購入予定なら楽天グループの「Voyagin」がおすすめです!最大52%OFF・印刷不要・当日購入OK↓↓↓

スポンサーリンク
『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

-♡最大52%OFF!ツアー割引チケット情報♡, 【知得】シンガポール旅行に役立つ情報!
-, ,

執筆者:


  1. 上木毅 より:

    シンガーポールツアー(4日間)でマリーナベイサンズで2泊します。観光ツアーもセットされています。カジノ体験は可能でしょうか。

  2. シンガポールツアー4日間(3日目観光プラン)時間的にカジノ体験できる時間があるでしょうか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポールのカトン地区のプラナカン文化やおすすめのお土産・グルメ店♪

スポンサーリンク 今回はシンガポール1のインスタ映え地区であるカトンの特集です!カトン地区はプラナカン文化が現在も色濃く残っていてお土産雑貨もグルメもプラナカン文化に染まっています! 百聞は一見に如か …

シンガポールで受けるマッサージは超痛い?!お店選びの注意点とは?

今回はシンガポール旅行でのマッサージについてです!シンガポールなど東南アジアでは様々なマッサージ店がありますがイメージ的に「痛そう」や「怖い」という印象を持ってる方が多いですよね。実際は本当に痛いのか …

【第1弾】グルメ大国シンガポール!必食グルメの裏までを大暴露?

シンガポールは美食天国と言われるほどグルメが充実しています!ローカルフードからセレブ気分を味わえるレストランまで、進化を続けるシンガポールのグルメ文化!グルメ好きなシンガポール観光客たちを一瞬で虜にさ …

【麺好き限定】あ!そうだ!シンガポールのラクサを食べに行こう!

シンガポールの麺料理といえばすぐに「ラクサ」とシンガポーリアンたちは言います!ラクサとはココナッツミルクとエビのスープの中に香辛料がほどよく効いた東南アジアで親しまれている麺料理です。シンガポールのお …

シンガポールで昭和チックな空間で和食が食べられる人気店とは?!

今回はシンガポール旅行中に和食が恋しくなったあなたにぜひ足を運んでもらいたい人気和食店を紹介します! シンガポールの料理、グルメも美味しいですが不意に日本の優しい料理が食べたくなる時がありますよね。そ …

サイトマップ