シンガポール「マル秘」裏ワザ旅行体験談

シンガポール旅行へ行くあなたに日本人の9割が知らない体験談を暴露します!

♡最大52%OFF!ツアー割引チケット情報♡ 【知得】シンガポール旅行に役立つ情報!

【シンガポール旅行】服装で悩んでいるあなた!その悩みを吹き飛ばします!

『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

投稿日:


シンガポールといえば常夏の国としても有名ですね!だから服装はどの季節でも半袖に短パンやスカートで大丈夫だから荷物は少なくて済むと思っていませんか?

そう思ってこの記事を読んでいるあなたはラッキーです。なぜなら今日ここでシンガポールの服装についての間違いに気づくことができるからです。実は季節や目的の場所によって意外と用意する服装が多いシンガポール旅行。

どんな服装で行けばよいのかをこの記事を最後まで読むことであなたの悩みはスッキリします!

 

また、シンガポール旅行でツアーチケットを購入予定のあなたがハッピーになる情報をお届けします!楽天グループ「Voyagin」は最大52%OFF・印刷不要・当日購入OKなのでお得にシンガポール旅行を楽しめます↓↓↓


スポンサーリンク


服装の前にシンガポールの気候を勉強!

シンガポールの服装を考える前に気候を知っておきましょう!シンガポールは年間平均気温25度の常夏ですが雨が多くて、東京の年間降水量である1528.8mmに比べてシンガポールの年間降水量は2331.2mmです。だいたい1年間で178日雨が降るそうです。晴れているから安心と思っていても突然「スコール」といってバケツをそのまま頭にかぶっているような暴風雨が降り出すことが多いので気をつけてください。しかし、スコールは数十分~約2時間くらいで止むことが多いです。止んだあとは青空が戻ってきます。

雨の量はそれぞれの月によって違っていて11月から1月では、赤道付近の大気循環で熱帯収束帯(南北両半球の貿易風が合流する地域)がシンガポールの近くにあるため雨が多いです。逆に熱帯収束帯がインドネシアやジャワ島の方向へ離れていく2月は年間を通して一番雨が少ない時期です。なので観光に最適なのは2月後半から10月にかけてがベストですね。

シンガポール旅行の服装で注意すること

結論から言いますと、シンガポールでの服装は基本的に1年中、日本の夏の服にプラスして上着があれば大丈夫です。男性はTシャツに短パンで、女性も日本の夏を過ごしている服装で十分過ごせます。つまりカジュアルファッションで大丈夫です。しかし、シンガポールといえば高層ビルが立ち並ぶ大都市ですのでレストランなどに行く場合はジャケットやワンピースなどの服装で行くようにしてください!また、服装で注意すべき点があるので紹介します。

【湿度に注意】
シンガポールは湿度が高いので汗をかく回数が多いです。なので1日に着替えをする場合が出てくるので日数以上の服装を準備するべきです。

 

【11月~2月上旬に行く方は注意】
この季節はシンガポールは雨季に入ります。なので薄着だけの服装では後悔します。雨で濡れることを予想して長ズボンやパーカーなどの冷え対策を心掛けましょう。また、レインコートや折り畳み傘も準備しておきましょう。

 

【室内クーラーに注意】
シンガポールは屋内にはいると、かなり強いクーラーが効いています。外は暑いので薄着でいいのですが室内に入ると温度差があり寒くなります。なので羽織り物などの上着は必ず持ち歩くようにしてください。

 

【寺院に行くときの注意】
シンガポールの寺院などに行く際は肌の露出が多い服装は避けましょう(タンクトップなど)。イスラム教のサルタン・モスクの規制が一番厳しく、その他のヒンズー教のスリ・マリアマン寺院、仏教の佛牙寺などは肌の露出については特に制限はありません。また、靴は土足禁止が多いのですぐ脱げる靴を履いていきましょう。

 

【レストランへ行く場合】
シンガポールのレストランは場所によっても規定は違いますが、タキシードやドレスなどの服装は準備しなくても大丈夫です。男性は、襟付シャツと足を露出させない、くるぶしが隠れるズボンなどで十分ですし、女性はワンピースやトップスにスカートなどの服装で大丈夫です。

 

【カジノへ行くときの注意】
男性の服装は、タンクトップ、ノースリーブ、袖無しシャツ、短パン、サンダル、帽子、サングラスが禁止でジーンズにTシャツ、スニーカーなら入場できます。女性の服装は、カジュアルなショートパンツ、ビーチサンダルが禁止です。女性はおしゃれなドレスやワンピースにミュールであれば問題なく入れますがサンダルでは引き止められます。

スポンサーリンク

 

シンガポールで救世主となる服装!?!?

シンガポールでは湿度も高いため気温以上にジメジメした感じがします。私のような少し外へ出ると汗が垂れてくるような汗かきには耐えられない気候です。だから、汗かきさんは、1日に1回は着替えを用意しておいたほうが助かります。

でも何枚もシャツを持ってきたら荷物が大変じゃないか。。と思われている方には誰もが知っている「ユニクロ」さんが超超助っ人商品です。実はオシャレにこだわっている人は意外と暑い季節にユニクロを愛用している人が多いんです。

どんなものを使っているかというと誰もが知っている「エアリズム」です!エアリズムは汗の吸収力が抜群に良く、汗をかいているのにすぐエアリズムが吸収してくれるので他社の製品よりも汗が気にならないのです。

このエアリズムをシンガポールでインナーとして使うか使わないかでは快適さが3倍は違います。汗を吸うだけでなく乾きもいいので旅行に何着も持っていく必要がなく、荷物を減らすこともできます。低価格で買うことができるのでセールのときを狙って旅行用にまとめ買いするのもありですね!

忘れがちなもの

服装の準備は大丈夫だと思っても必ずと言っていいほど「持ってくればよかった」と後悔をするものが出てくるのが旅行というものですよね。なのでシンガポール旅行で必要だとおもったものを紹介します。

【帽子】
シンガポールは予想以上に日差しが強いです。特にアクティビティをするときなどは、知らないうちに体力が奪われて熱中症などになるので帽子は持ってくと助かります。

【日焼け止め】
シンガポールは紫外線が日本よりもかなり強いことで有名なので日焼け止めは必ず持ってくようにしましょう。日本にいる時よりも肌にダメージがあるので1回塗ったから大丈夫ではなく、何回も塗り直すようにしましょう。特に女性の方はシミになる恐れもあるので気を付けてください。

【サングラス】
サングラスも紫外線から身を守るために必要不可欠です。日本ではサングラスをかけて外を歩いている人は比較的少ないですが、シンガポールでは外を歩くときはサングラスは当たり前なので自分だけ浮いたりすることはありません。逆にサングラスを付けてない人が少ないくらいです。

蚊やサンドフライ対策の服装!

シンガポールは高級マンションが立ち並ぶイメージがあり、清潔な場所が多く、蚊の退治も頻繁に行っていますが郊外に出ると、どうしても蚊などの虫は生息しています。可能性は少ないですがデング熱にかかる恐れもあるので郊外に旅行する方は露出の少ない服装を心掛けたり、防虫スプレーなどを持参するようにしましょう。

【サンドフライ】
サンドフライと聞いてなにか美味しいシンガポールグルメだと思いがちですが全く違います(笑)サンドフライとは蚊のような小さな虫で海辺などに大量に出る時があります。サンドフライはかなり小さくて飛んでいることにも気づかないほどなので体を見ると全身に刺されていたという症例もあります。
刺されたら3週間ほどはかゆみが続くのでビーチに行くときも露出の少ない服装を心掛けたり、防虫スプレーを持参してください!

服装で抑えるべき6つのポイント

・シンガポールは常夏ですが雨季に行く場合はパーカーや長ズボンを持っていくとよい。

・シンガポールの室内はクーラーが効いて寒いので羽織り物などの服装が必要。

・シンガポールは寺院、レストラン、カジノなど目的によって服装に規制があるので要注意。

・常夏のシンガポールには汗の吸収性が良いユニクロの「エアリズム」をインナーにすると良い。

・帽子、日焼け止め、サングラスは紫外線から身を守るために忘れてはならない。

・シンガポールでは郊外、海辺に蚊やサンドフライが出没するので長袖などの服装の準備が必要。

【最後に】

シンガポールは常に暑いので服装は楽だと思いがちですが、季節や目的によって変わってくることがわかりましたね。突然のスコール対策や、室内のクーラーで体調を崩さないように羽織り物などは必需品の服装なので持ち運びに便利なものを旅行用に購入しようと思います。また、特に女性の方はシンガポールの紫外線にやられないように日焼け対策も必要ですね。そして蚊やサンドフライには十分注意しないとデング熱にかかったりするので肌の露出を避ける服装として長袖も必要だと思いました。

また、シンガポール旅行でツアーチケットを購入予定の方に朗報です!ツアーチケットを購入するなら楽天グループの「Voyagin」がおすすめです!
最大52%OFF・印刷不要・当日購入OKでお得にシンガポール旅行を楽しめます↓↓↓

 

スポンサーリンク
『注目記事』格安で豪華旅行ができる噂を検証してきました!!

-♡最大52%OFF!ツアー割引チケット情報♡, 【知得】シンガポール旅行に役立つ情報!
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポール旅行で知らないとヤバい日本との違い!電話・スマホ・Wi-Fi編!

シンガポールは治安も良いし日本との時差も1時間だから心配事はないだう!なんて思ってませんか?! シンガポールで電話をかけるとき、スマホを使うとき、WiFiに接続するとき、、、 スポンサーリンク この3 …

シンガポールにあるフラワードームの割引チケット情報!季節によって展示物が180度変わる?! 

今回はシンガポール旅行で必ず行っておきたい2015年にギネス世界記録にも認定された「フラワードーム」の月ごとの見所&割引チケットについて紹介します! 東南アジアに位置しているシンガポールと言えば常夏の …

シンガポール旅行でスパに行くなら必ず予約するべし!?予約方法は?

シンガポールで受けるスパは観光客から大人気です!今回はシンガポールで大人気のスパは予約が必要なのか?についてお伝えします! また、予約方法って難しいの?というあなたの疑問にお応えするためにスパの予約方 …

【シンガポール土産ランキングベスト5!】スーパーマーケット編!

え?シンガポールのスーパーマーケットで人気のお土産なんて売ってるの?と思われがちですがそれは素人が言うセリフです!シンガポール通の旅行客はスーパーマーケットをお土産のターゲットにしている方もいるくらい …

【激安で美味!】シンガポールでホーカーズ料理を食べつくせ!

シンガポールのB級グルメを食べ歩くならどこへ行けばいいの?と聞かれたら即答で「ホーカーズ」だと答える方は多いと思います。なぜならシンガポールの食生活に欠かせないのがホーカーズだからです!中国料理、マレ …

サイトマップ